有限会社パシフィックエンタープライズ

GDPRについての取り組み

有限会社パシフィックエンタープライズ

GDPRについての取り組み

GDPRの概要

皆さん既にご存知の方も多いかと思いますが、欧州連合(EU)内での個人情報データ保護規則となります。
この規則は、2018年5月に施行され様々な企業が対策を行っております。
特に制裁金などが高額な為(全世界の売上4%もしくは2000万ユーロのどちらかの高い方:上限)、
企業は敏感に対応を検討しております。
*GDPR:General Data Protection Regulation

取り組みについて

弊社において「走行データ収集」の際に以下フローにて確認を実施いたします。
*お客様にて確認済の場合は、未実施

取り組みについて
取り組みについて

上記フローにて弊社ではGDPRについて、
対応しております。

注意ポイント

  1. 1.収集データの内容

    収集するデータ自体が個人情報にあたるかの検討・確認を行う。

  2. 2.各ポジションの定義

    データ主体・管理者・処理者などを明確化し、データ収集における問題点を検討・確認を行う。

  3. 3.移転に関する要件を満たしているか?

    欧州経済連合(EEA)域外へのデータ移転は、本人の同意などを含めた、必要要件のいずれかを満たす必要があり、その検討・確認を行う。

弊社体制のご紹介

顧問弁護士・弁理士

日弁連 情報問題対策委員会 委員(2019年度) 北川法律事務所 北川修平

東京大学法学部卒 岐阜県弁護士会所属。
弁護士資格のみならず、弁理士の資格も取得。
弊社法律(GDPR含む)に関連する相談役。

北川先生 公式サイト

経歴

1982年生まれ
愛知県立刈谷高等学校卒業
東京大学法学部卒業
東京大学大学院法学政治学研究科法曹養成専攻修了
東京地方裁判所知的財産権部(民事第29部)にて修習
弁護士・弁理士 戸野部法律事務所勤務
弁護士・弁理士 北川法律事務所所長

所属

岐阜県弁護士会
日本弁理士会東海支部
日本商標協会
日弁連 情報問題対策委員(2019年度)

マネージメントスタッフ

PacificEnterpriseでは、日本人・アメリカ人などの外国人スタッフがデータ収集業務のマネージメントに従事しております。また世界各国で過去数年に渡りデータ収集業務・実験業務を経験しており、現地にあわせたトレーニング・マニュアル化などで、精度の高いデータ収集にて顧客への要望に応えております。また各マネージメントスタッフは、各分野のエンジニアスキルを要し、現地での緊急対応や実際のオペレーションなども担当し、どのような場面でもスピーディにトラブルシューティングを行います。

テクニカルサポート

PacificEnterpriseでは、各スタッフ及びテクニカルスタッフにより、事前のSW作成・冶具設計などハードウェア・ソフトウェア両面からサポートも可能な体制にて業務を実施しております。

スキル対応範囲

HW

  • CANデータ取得機器選定及びセットアップ
  • 計測機器の配線(電気系統・信号系統)
  • 機器設置用冶具の3D CADによる設計
  • 機器設置用冶具の3Dプリンタ等を用いた作製

SW

  • 各種計測SWの設計及び作成
  • 各種計測機器のHW・SW両面からの動作検証

その他

  • 計測機器オペレーション
  • 世界各国ルート設定
  • 各国リサーチ
  • 現地マネージメント
  • 問題発生時の一次原因究明
  • 現地トラブルシューティング

Company

社名 有限会社パシフィックエンタープライズ
住所 〒464-0075
愛知県名古屋市千種区内山1-24-9
第2ダイワビル 5C
電話番号 052-784-8007もしくは各担当連絡先にご連絡下さい。
※ご連絡先が不明な場合はContactよりご連絡ください。
E-mail info@pacific-en.com

Contact

お名前
メールアドレス
送信内容